欲しいものへとスムーズに辿り着く方法

私が好きな尊敬している

長谷川エレナ朋美さんの著書

『「頑張る」をやめると勝手に運が開ける』

や、

アラン・コーエンさん著・本田健さん訳

『頑張るのをやめると、お金とチャンスがやってくる』

という本も出ていますが、

この“頑張るのをやめる”って

どういう状態だと思いますか?

 

 

“心の声に従うとスムーズにいく”

ということを講座やセッションでも

よくお伝えしています!

 

“心の声”は純粋に“〇〇したいなぁ”

と感じる気持ちや、

心から楽しんでいる時に味わっている

感覚。

 

ホリスティックライフコーチングの

学びの中では、

私たちの感情には愛と恐れの2種類しかないと

考え、“心の声”は“愛の声”とも呼べます!

 

“心の声”や“愛の声”と聞くと、

たいそうなものをイメージするかもしれません。

けれど、ただ純粋に心が喜ぶことを

選べばいいだけ^ ^

 

最近も、

お店でふと見かけたオシャレな

パンケーキミックスのパッケージが

気になって立ち止まったら、

そのすぐ上に

探していた生はちみつを見つけたり♪

 

好きな作家さんの本を探していたものの

買いたいと思っていた本がないなぁと

思っていたら、その隣に以前読んで

好きな本の新シリーズを見つけて

そちらを購入!

(しかもたまたま立ち寄った本屋さんは

セール期間中でした♪)

 

なんて事のない日常の一場面なので

気づかずに過ごしている方も多いかも

しれませんが、“心の声”を

大事にすると

こんな風に思ってもみなかった形で

欲しかったものがやって来ているのです♪

 

冒頭でお伝えした

“頑張るのをやめる”って

このような

肩の力が抜けていて

心の声の赴くままリラックスして

進んでいる状態ではないかと思います♪

 

“◯◯しなきゃいけない”

“こうであるべき”

という考えをしている時、

心と体は繋がっているので

体はこわばっていたり、

緊張状態にあるのではないでしょうか?

 

そのような状態のときは

楽しいものや嬉しいことを

引き寄せることも難しいし、

引き寄せたとしても

それらを受け取る余裕がないと

思いませんか?

 

体も心も緩んでいる状態でいることで

自然と必要なもの、求めているものが

入ってくるスペースができるし、

受け取る余裕も出てくると思います!

 

学校や会社、社会で生きていくために

その場のルールに合わせることを

求められてきた私たち。

 

その結果、「〇〇したい♪」という

“心の声”よりも「こうであるべき!」

という“頭の声”に敏感になってしまったと

思います。

 

難しく考えずとも、

自分の心が動く方へと

行動(=体を動かす)したら

いいのです♪

 

もしも“頭の声”を優先していたなと

思ったら、

例えば、昼食のメニューや

何を着るかなど

些細なことから

“心の声”を聴き、行動してみることを

実践してみてはいかがでしょうか?♪

 

 

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

“なりたい私”と“ならなきゃ!な私”どちらを目指す?両者の違いは?

【お客様の声】一人一人に合わせたケアを♪アーユルヴェーダ体質診断

お客様の声ーセミナー&セッションのご感想をご紹介♪

PAGE TOP