BLOG

公園で遊ぶのが苦手な私はダメは母親?

私がイメージする優しいお母さん像の1つは、

公園で子どもと一緒に遊んでいる姿。

ですが、私、それがとっても苦手なんです。。。

 

だから、今までずっとそんな自分を責めていました。

子どもと公園で一緒に遊んであげるのがいい母親。

それができない私はダメな母親だって。

 

でも、

“公園で一緒に遊んであげない母親=ダメな母親”

というのは、私の勝手な思い込みだと気づいたんです!!

 

もちろん、一緒に楽しく遊んであげられるなら、

それはとっても素敵なことだと思うし、お子さんも喜ぶと思うし、

そういうお母さんを心から尊敬しています!

 

私はずっと、公園で子どもたちと遊ぶのが苦手だって思っていたのですが、

なんでだろう??

って心の声を聴いて、掘り下げてみたら、

本当に苦手なのは、そうした場で知らない方たちに気を遣うことだって気づいたんです!!

 

特にわが家の息子2人は、全く人見知りをしないので、

知らない人にもガンガン話しかけるタイプです。

この間も家の近くを歩いていたおじいちゃんに、

お兄ちゃんは「僕のお家ここだよ!」って家まで教えてました・・・。

 

公園に来ているお母さんやお姉さんたちは、息子たちが話しかけても

大体の人は優しく相手をしてくれますが、

かといって放置するわけにもいかず「すみません^ ^;」と言う私。

この気を遣う感じが、私にとってストレスなんだ!と気づいたのです!

 

私は一人っ子ということもあってか、子どもの頃から一人遊びができていたし、

知らない人にグイグイ話しかけられるタイプではありません。

そんな私は、「兄弟という遊び相手がいるのに、なんでわざわざよその人を巻き込むんだ!?」と思うわけです。笑

(余談ですが、話しかけるのは、たいてい若くて綺麗なママさんやお姉さん。

小さいながらも立派に「男」の遺伝子を持っているなと関心してしまいます!笑

男性が若くて綺麗な人を好きというのは、健康な子孫を残すという

人間の本能によるものなので、仕方がないのです。)

 

よその人だと優しく相手をしてくれたり、反応がいいので、

それに嬉しくなってさらにアプローチをする息子たち。。。(笑)

人見知りをしないのはいいことだと思うけど、違う場面で発揮してくれ!

と思ってしまいます^ ^;

 

でも、この本当に嫌だったのは、周りの人に気を遣うことであって、

子どもたちと公園で遊ぶことが嫌なわけではないって気づけたのは、

私にとって大きなこと。

実際に、春休み中はちょっと遠くの大きな公園に行ったのですが、

そこではみんなバラバラに遊んでいて、子どもたちもよそのお母さんに

絡むこともなく(笑)、私も子どもたちと一緒に滑り台をしたりと楽しめました^ ^

 

本当に、子どもたちと公園で遊ぶことが苦手だとしても、

それだけで自分がダメな母親だと責める必要はないのです♡

ダメな母親ってそもそもどんな母親??ということにも繋がってくるのですが、

ちゃんと愛情を持って、子どもたちのことを想って育てていたら、

そんな人を誰がダメな母親だって言えるのでしょうか?

公園で遊ぶのが苦手なのは、その人の一部分であって、全てではありませんよね^ ^

 

皆さんも何か苦手なこととか、嫌なことなどに出くわしたら、

なんでだろう?って掘り下げて考えてみてください♪

自分でも気づいていない本当の理由に気づくきっかけになります♪

無料メール講座では、なんでだろう?って心の声を聴く時のポイントをお伝えしています^ ^

ぜひご参考になさってみてください♡

↓↓↓

たった一度の人生だから

心が望むことを

遠慮しないで実行してあげませんか?

魂を喜ばせながら生きたい方、

パーソナルセッションや講座で

ご自分の本音を聴いてみましょう♪

♡メルマガ

♡ラジオ

関連記事

チェリッシュレシピ♪

アーカイブ

インスタはこちら♪

お気軽にフォローしてください♡

PAGE TOP